雲のやすらぎプレミアムとエアウィーヴとの比較

雲のやすらぎプレミアムは、

 

「まるで雲の上で寝ているようなやすらぎ感」

 

を体験できる敷布団です。

 

高反発マットレスの部類に入り、低反発マットレスと比べで、体圧分散性に優れているため、寝ている間に腰にかかる負担を軽減します。

 

雲のやすらぎプレミアムの良さは分かったけれど、ひょっとしたら、他にもっと安くていいマットレスがあるかもしれないと思い、購入をためらっていませんか。

 

マットレスには、色々な種類がありますが、どれを選んだらよいか迷いますよね。

 

今回は、テレビコマーシャル等でよく見かける、エアウィーヴとの比較です。

 

13層やすらぎマットレス エアウィーヴ
特徴 極厚17cmの5層構造で、独自の体圧拡散製法「クロスクラウド製法」により、寝返りがうちやすく、布団とマットレスのいいとこどり 極細繊維状樹脂が繊細に編みこまれた構造
効果 腰痛改善、疲れ回復 疲れ回復
メンテナンス 丸洗いが不可。日陰干し 丸洗いが可能
通気性 良好 良好
体圧分散 5層構造で体全体の体圧分散性にとても優れている 頭、肩、腰、脚の4箇所に絞った、体圧分散できている
耐久性 80000回の繰り返し圧縮試験で99.9%復元 期間使用しているとへたりも多少見られる
送料 無料無料 無料
価格 シングルで39,800円 シングルで75,800円

 

エアウィーヴの特徴

エアウィーヴとの比較

 

エアウィーヴは中の素材にairfiberを使用しています。

 

airfiberは、「復元性が高い」という特長があります。

 

この素材は、力がかかると、しなやかに形がかわります。しかも、力がかからなくなったら、もとの形にすぐに戻ります。

 

つまり、エアウィーヴは復元性が高いのです。

 

寝返りを打てば、適度に体を押し返してくれるので、寝返りが非常に楽になります。

 

また、.通気性抜群で、夏は蒸れにくいという特徴があります。

 

極細の繊維状の樹脂を編むような製法が、抜群の通気性を実現しています。そのため、夏は蒸れません。

 

エアウィーヴの90%は優れた空気の断熱素材で構成されています。

 

しかし、この通気性の良いため、冬場は寒いようです。

 

また、エアウィーブは薄いため、底つき感があり、長期間使用しているとヘタリが気になるようです。

結論

持ち運び、メンテナンス(丸洗いできる)では、雲のやすらぎプレミアムよりも、エアウィーヴに軍配が上がります。

 

しかし、体圧分散性、耐久性、寝返りのしやすさでは、エアウィーヴよりも、雲のやすらぎプレミアムに軍配が上がります。

 

お手軽さを重視する人は、エアウィーヴ、大きくても機能を重視するなら、雲のやすらぎプレミアムを選んだらよいのではないでしょうか。

 

page top