腰痛改善のマットレスの選び方

腰痛改善のマットレスの選び方

 

腰痛で悩んでいる人は多いと思います。

 

腰痛の原因の多くは、運送業など重い荷物を繰り返し運んだり、介護職などで腰に大きな負担を繰り返しかけたり、勉強やデスクワークなど、長時間同じ姿勢続けたり、悪い姿勢を続けることで、腰に負担がかかり、筋肉の疲労や緊張が蓄積されることです。

 

腰痛を改善するには、時折ストレッチをしたりすれば少しはマシになりますが、一番の腰痛改善方法は、腰を休ませることです。

 

しかし、起きている間の大半は、日常生活や仕事など腰を休ませる時間がありません。

 

では、いつ腰を休ませることができるのかというと、寝ている時しかありません。

 

寝ている間、どれだけ腰を効率よく休ませることができるかが重要になってきます。

 

では、どのように休ませればよいのでしょうか。

 

それは、正しい姿勢で腰に負担がかからないように寝ることが重要になってきます。

 

しかし、寝ている間は無意識なため、意識して正しい姿勢で寝ることはできません。

 

そこで、自然に寝ている間に正しい寝姿勢で、腰に負担がかからなく眠ることができる、マットレスが重要になってきます。

 

腰痛改善には、高反発マットレスがが注目されています。

 

高反発の敷布団は、腰痛軽減・改善の効果があるのは、体圧分散性で腰への負担が軽減されるからです。

 

しかし、反発力は強ければ、強いほどよいというわけではありません。

 

では、高反発の敷布団とは、どういうものをいうのでようか。

 

敷布団で高反発の定義は、反発力の強さを表す、〇〇〇〇ニュートン(N)という単位です。

 

通常、高反発敷布団と言われているのが、100ニュートン以上の反発力があるのが、高反発マットレスと定義されています。

 

同じ高反発敷布団でも、100ニュートンや120ニュートン、200ニュートンなど様々です。

 

100ニュートンと200ニュートンでは反発力はかなりの違いがあり、寝心地にも大きな差があります。

 

快適に眠るのに最適な反発力は体重や筋肉の付き方などの体型体格、男女、若者・年寄りなどが関係します。

 

また、最適な反発力には、個人差がありますので、実際に試してみないと分かりません。

 

一応の反発力の目安は

50kg以下の痩せ型 100ニュートン-150ニュートン
50kg-80kgの人 150ニュートン前後

80kg-100kg未満
の太め体型

180ニュートン前後

100s以上、
筋肉量の多い人

200ニュートン

です。

 

腰痛改善の敷布団を選ぶ場合のポイントとして、最適な発力を選ぶ他にも、敷布団の厚さ、体圧分散性も重要な要素となります。

 

敷布団が薄すぎると床にあたり腰痛改善になりません。

 

また、体圧分散性が低いと、腰や背中などの一点にの体圧が集中し、腰痛や背骨の歪みなどの原因になります。

 

高反発敷布団で、体圧分散性、通気性に優れ、17cmの厚みもある敷布団が、雲のやすらぎプレミアムです。

 

雲のやすらぎプレミアムは、5層からなる、高反発で腰痛対策の敷布団です。

 

極厚17cmの5層構造で、独自の体圧拡散製法「クロスクラウド製法」により、寝返りがうちやすく、布団とマットレスのいいとこどりです。

 

体圧分散性が高いのは、寝ている間に、腰や背中などに負担が集中しないため、腰痛改善や背骨の歪みの修正に優れています。

腰痛改善のマットレスの選び方

page top